Service x Design #2 Webだ、紙だと言っている場合じゃない、媒体を超えるデザイン

株式会社 DMM.com Laboで行われたセミナー

Service x Designに行ってきました!

ちなみに、意識してたつもりは無いのですが、私、第一回目も参加していました。

イベントのFacebookページもありますので、是非ご覧になってください↓↓↓

https://www.facebook.com/groups/1737092056578885/



株式会社 DMM.com Labo 細川 絵理さん

前職では、Webデザインをされてきた細川さん。

現在は、社内のありとあらゆるデザインを担っているそうです。

•ブランディングもデザインも余剰じゃなくなってきた時代。

•ブランディングやデザインがプロジェクトをリードしてもいいと思う。

•媒体を超えられれば、デザインの技術は後から付いてくる。

•自分はどんなんでデザイナーかいつもコドバで言えるようになる。


株式会社メドレー 波切 雅也さん

もともとエディトリアルデザイナーだった波切さん

現在は、医療ヘルスケアの課題解決を目的としたサービスのデザインに関わっています。

•もう媒体の境目は気にしなくていい。

•目的やコンセプトのために境目を超えていく。

•サービスのために仕事をする人たちと考え方が似ている

•日常のコンセプトを考える

•実装も勉強している


ブログでも、波切さんの仕事への考え方、取り組みを読む事が出来ます。

医療体験をデザインする - コーポレートサイトリニューアルへの想い

http://info.medley.jp/entry/2016/08/18/110000


デザイナーの僕がメドレーに入った7つの理由

https://www.wantedly.com/companies/medley/post_articles/33230


デザイナー•エンジニア採用インタビュー

http://www.medley.jp/recruit/interview02.html


ウォンテッドリー株式会社 青山 直樹さん

青山さんは、デザイナーという肩書きで、アプリ、Web、書籍、動画、各種書類やチラシ全ての仕事に関わっています。

•Webだけをやっていると思考がDOMに制限されている可能性がある。

•肩書きをデザイナーにすることによって、枠を作らず、広い領域で活動する。

•今までは紙の方が優れていた。

•PrintかOnScreenかデザイン領域が融合してきている。

•紙とWebもデザイン、「○○デザイナー」など枠を付けない事で他人の期待より、ちょっと先のコトをやり続ける。


株式会社はてな 川上 淳さん

-skeuomorphism(スキューモフィズム時代)のデザイン文脈の違い-

紙:よけいな情報を削ぎ落とす

Web:概念を伝える為に情報を足す

-デザイントレンドの変化-

Flat Design / Material Designの登場、紙のデザイン文脈とのリンクが始まる


•CPU処理性能の向上

•物理インターフェイスの進化

•通信の高速、大容量化

→スクリーンにおける表現能力が向上した。


株式会社マネーフォワード 菅井 雅人さん

-アウトプットと同じくらい大事にしていること-

今の社内体制は、以前より関わる人数が多く、同じ目標(ビジョン)を持っているのに目線が合っていないから、アウトプットとしてはバリューを発揮できていないのが問題点になっている。

-制作時に説明用の資料を作成-

それぞれの立場の課題や目的を集約して説明する事で、目線を合わせる事が出来、

これを継続することでコミュニケーションコストが下がり、意見がぶつかることもなくなってきた

-目線を合わせる事-

デザイナーはアウトプットも大事だが、それと同じくらいチームで目線をを合わせる努力をする事も大事である。


株式会社ディー・エヌ・エー 竹尾 太一郎さん

竹尾さんは、Robot Taxiのロゴ周りの資料を見せていただきながら、Webや紙に関わらず、何かをデザインする行為自体にはそれほど大きな違いは無いが、アウトプット(見せるもの)までに必要とする「陽の目を見ないもの(テストのフェーズ、広さのみの情報で設計図、ロゴマニュアル作成」についてお話ししていただきました。


•Webは最終的な仕上がりを画面で確認しながら作り込む事が出来るが、質量のあるものだと

 一点物でもない限り、そのアウトプットを完璧にコントロールする事は非常に難しく、

 出来るだけ綿密な入稿指示が必要である。

見せるもの以外(準備や調査、検証など)のものがアウトプットのクオリティを左右する。


登壇時間が一人5分ずつという短い時間だったため、皆さん、ものすごいスピードでお話しされていました。一夜にしてボリューム満点のセミナーでした!


☆925☆



925_UXdesign

広告関係のデザイナーです。 UXデザイン超初心者 日々学んだ事、考え事 セミナー参加後の報告

0コメント

  • 1000 / 1000